ニキーチン積み木の箱   

e0177997_085857.jpg

はい、前回の積み木の箱です。
前回の投稿も併せて御覧くださいね~。

箱は、それっぽい大きさならお菓子の箱でも何でもいいのですが…
せっかくだから丈夫で綺麗なものを作りたいなあ、と思ったので、以前から気になっていたカルトナージュにチャレンジしてみました!
2mmの厚紙を組み立てて、布や紙で覆って仕上げる箱作りです。
いやー、これ、私、めっちゃ好きかもしれん(笑)

作りたい箱のサイズから、切りだす厚紙のサイズを割り出すのが頭の体操みたいで楽しすぎる!
ただ数学みたいに一気に展開図描けばいいわけではなくて、厚紙の厚み2mmが効いてくるので、パーツ一つ一つ順番にサイズを決めていく必要があって、そういうの好きなんです。
今回は本当に基本の基本のシンプルな箱を作ったけど、仕切りや引き出し付きの展開図で唸ってみたい!
ドMか?

e0177997_04577.jpg

パーツのサイズが決まったら厚紙を切り出しますが、これはちょっと大変だった。
垂直に切らないといけないのが難しい。
2mmもあるケントボードを大量に切り出したのでしっかり筋肉痛になりましたよ。

e0177997_052277.jpg

これを箱に組んで、ボンドやテープで留めて、布を貼っていきます。
出来上がりはこちら。
e0177997_054965.jpg

e0177997_06781.jpg

蓋は、mochiの分は、はらぺこあおむしです。
パンドラハウスのカットクロスで見つけて、版権モノなんでちょっと高いし用尺も多すぎたけど、一目惚れで買っちゃいました。
親の分は、北欧っぽい?鳥の柄で。柄出しに気を遣ってみました。

蓋は絵合わせ遊びのときにトレーとして使うつもりなので、蓋裏は淡くシンプルなストライプ。受箱も同じ布で。


楽しかったし初作品としては満足な出来です。
ちょっと蓋をきっちりに作りすぎて、mochiは閉めるのに苦戦してますが…。
あとは、mochiが投げて、壊れないかどうかだなあ。
投げて遊ばせるつもりはもちろんないけど、男の子だしね、大事にして、って言っても無理でしょうし。
踏んだらさすがに壊れるだろうから、その時には新しく作れるように、今回の展開図は永久保存ですね(笑)
[PR]

by whitedandelion | 2014-01-08 00:10 | その他の手芸 | Comments(0)

<< むずばない三角巾 ニキーチンの「模様遊び」 >>