「ザ・ワンピース」篠原ともえ   

e0177997_1122130.jpg
超久しぶりの買った本紹介。
篠原ともえちゃんの「ザ・ワンピース」です。
(後ろの布、布帛の罪庫を広げてみました。ワンピース作りたいな~と思ってるものもある)

e0177997_112399.jpg
表紙で予想出来るとおり、載っているワンピースはどれも非常にベーシック。大きく分けて3型?、全12種。
どれも布帛のXラインワンピース。
正直、布ありきな作品群と言えましょう。
そして、使われている布に関しても、これ着ていいのは若い子か芸能人だけだろー!ってものもあります(笑)
でも大胆な布使い、色使いは、見てると元気になれますよ。
ともえちゃんもさすが自分デザイン、似合ってて可愛い☆
作りたいというよりは、彼女のデザインした服を見たいな~という気持ちで買ったので、満足です。
あ、あと、チューリップスリーブが載ってたのが地味に嬉しい。

e0177997_113649.jpg
ところでこの本、作り方がとってもとっても詳細。
私の知る限り、ここまで詳しいのは他には今はなきFEMALEぐらいのもんではないでしょうか。

e0177997_113211.jpg
そして、わたし的、この本の最大のポイントはこちら。
Sサイズ153cm!!
こんなの初めて見た。びっくり。

自分で服を作ってみたい中高生におすすめの本ですよね。
というかそもそも中高生がターゲットなのかな。
成長途中の身長にも対応してる、若い子は少々派手な柄も着られるし、背中ファスナーのXラインワンピースが自分で作れたら満足度も高いのでは?
貫頭衣的な服は簡単に作れるけれど、中高生向けのシルエットじゃないですよね、せっかく縫って「なーんだ、手作りって可愛くないわ~」で終わっては勿体無いですからね。

そうそう、この本見てると矢沢あいの「ご近所物語」を思い出します。
子供の頃から自作ファッション好きな主人公が専門学校で奮闘する話。
そっちもまた読みたくなってしまうわ。
[PR]

by whitedandelion | 2015-05-02 01:20 | 書籍 | Comments(2)

Commented by uteomma at 2015-05-08 12:46
さすがおぜうセンセの買われる洋裁本は、只者じゃない気がしてたけど(笑)、そうかぁー。篠原ともえ!この人ユーミンの舞台衣装担当してんだよね!
貫頭衣←ってとっさによく出てくるなぁww 的な服、私、まさに経験者!大学生のとき夏休み帰省してて、暇だったので本屋ではじめてのワンピースみたいな洋裁本を買ったのであろう、あわよくば、盆の部活のOB会に着て行こうと縫ったのに、縫い上がったのがまさに貫頭衣!寝巻かっ。
それから20年はミシンに触らなかったから、罪は大きいよねー。あの頃、こんな本に出会ってたらなぁって思うよ!
さっそくこの本探してみるー。ワンピに特化した本って結構あるけど、この本はそのどれにも当てはまらない斬新さだよねー。ワンピ生地いくらでもあるおぜうさんに、ぴったりの本だったね!
Commented by whitedandelion at 2015-05-11 13:01
ウテオンマさん
みなさんがFU-KO本とか佐藤かな本とか茅木本とか、日常使いやすそうな本を買ってらっしゃるの横目に、コスプレぎりぎりの本を買ってみましたともさ(笑) パターン本っていうよりデザインアイデアブックっていう感じで、布ひとつでこんなに印象変わるんだー!っていう読み方してますよ。
シルエットもね、私は好きです。中原純一風ですよね。

ウテさんの洋裁デビュー話、失礼ながら面白いわぁ。むしろ20年たってよくぞ戻ってきてくれた! 洋裁本、特にはじめての~とか簡単~とかは結構鬼門ですよね。
私は中学生のころに「マンガdeソーイング子供のスカート&パンツ」とか「クライムキパターンブック」とかを読んで洋裁への憧れを抱き(今思えば変な中学生)、大学生の時にワタナベコウさんのQuickSewingシリーズで洋裁デビュー、という感じです。当時はパターンは囲み製図で引くものだと思ってて、一着のパターンを1000円とか出して買うようになるなんて思わなかったなあ…

<< toco.さんまいにちTシャツ3枚 春Hether2着 >>