キルトとファーでアンの木RLB   

アンの木さんのリバーシブルロングブルゾンを縫いました。
2作目です。
縮小コピーして作った前作、袖が細めながら案外大活躍でした。
今回は、来年用を見越して80デフォです。

e0177997_114774.jpg

パターン アンの木 リバーシブルロングブルゾン/80cm
布 SMILE 厚手キルトニット粗挽きMIX/抜染スター/ブラウン杢
  bichette アランシャーリングニット/モカ
  ねこの隠れ家 30スムース/CROWN CAP/ベージュ
  パンドラハウス マイクロファー/オフ白

リブをファーにするかアランにするか、ギリギリまで悩みましたが…男の子だし汚しそうだし、アランにしました。
くったり柔らかなファーをそのままリブにして良いのかわからなかったというのもある。
みんなどうしてるんでしょう、中にスパンを抱かせたりしてるのかな。

e0177997_1143959.jpg

裏側は、総ファーだと袖がしんどいように思い、袖はスムースに。
一応裏でも着られるようにサイズタグや素材タグは付けてませんが、背中にアップリケとコート掛け紐を付けてみました。
初アップリケかな。接着芯貼って裁ち端にピケを塗っています。

e0177997_1145854.jpg

アレンジ箇所。
ファーが強度的に心配だったので、前立て部分は前身頃から延長して裁ち出しています。
前身頃と後ろ身頃、それぞれ前中心+3cm、-3cmしただけです。
前立ての見た目もすっきりしました。
ファーがちら見えしてるのも可愛いけどねー。今回はこれで。

着画です。75cm弱、10.5kg。
e0177997_116264.jpg

袖はリブを全部折り返してちょうど、丈はお尻隠れるぐらいです。
お腹サイズが変わらなければ、来年も着られるでしょう。


ところで…
嬉しいことに、mochiにこの服がバカ受けしましてね。
…おもに裏地のファーが。
e0177997_1175868.jpg
  ふわふわにテンションあがりすぎてフードに顔突っ込むの図。
[PR]

by whitedandelion | 2013-03-01 01:25 | 洋裁・子供 | Comments(0)

<< これで最後?スタイ量産 ボーダー救済! 2way bu... >>